ボディートークコラム

羊水感覚の環境づくりを-妊婦さんへのメッセージ―赤ちゃんを迎え入れるために

image_print

北極の氷が溶けてしまう? 森林が無くなる?  渡り鳥がウィルスを運んでくる?ー今や地球環境問題は、全人類や生物がのっぴきならない事態に陥っています。そして外的環境のみならず、私たちの《内なる自然》即ら、体や心の 内部にも自然破壊が進んでいます。

新しい生命の誕生を、身を持って創造する妊婦さんにとっても、例外ではあり ません。実は出産こそ純粋に大自然の営みなのです。その意味で、自然に反することは避けなければなりません。そして妊娠期は自然を取り戻す絶好の チャンスでもあるのです。受精、受胎、妊娠、出産と、この時期は母子共に最 も自然の力が活性化される、奇跡とも言える至福の時です。

そこで提案です。この<内なる自然>を実現する、大ぃなる知恵と体験を、地球環境を考える素敵なチャンスにして欲しいのです。こんな風に言いますと、そんな大層なことを…、と思われるかも知れませんが、何も構える必要はあり  ません。お腹の中の赤ちゃんに、育ちゆく生命を感じながら、妊婦さんがどう  過ごせばいいのかに気付き、実行していくことが大切なのです。ボディートークの見地から、いくつかの工夫を御紹介しましょう。

●上手に転びましょう

「妊婦さんは転ばないように、気をつけて!」と、産婦人科では言われます。  流産の危険性があるからです。似たようなことは高齢者の転倒防止でも言われ ます口 骨折したり、寝たきりにならないための予防策です 。しかし、この当たり前に思われる注意に、自然に反する原理が潜んでいるのです。

「転ばないように!」と注意されると、筋肉が硬くなります。そして心は緊張して、動きがギクシャクしてきます。結論を言えば、転倒防止を強調すれば するほど、人は転びやすくなるのです。大事なことは、上手に転ぶ道をつける ことです。ボディートークの自然体法なら「とろけ寝」の運動です。軽く足を 開き気味に、楽に立って体を左右にユラュラと揺すります。その動きの中で、 膝、腰、背骨、首を緩めて、ゆっくりとしやがみ込んでいって、仰向けに寝転 んでしまいます。まるで美味しいアイスクリームが溶けていくイメージです。

体の固い人や、そういう動きに不安感のある人は、始めはお布団の上でやってください。「トロ、 トロ、 トロ~~」と言いながら。やわらかい声で寝転ぶと、体がリラックスして、息も楽に深くなります。そういう動きを身につけると、道を歩いていて転びそうになっても、自然に心も体もゆったりとしていて、慌てずに対応できるようになるのです。こんな「とろけ寝」なら赤ちゃんも安全ですね。

●食感を磨きましょう

赤ちゃんは何でもかんでも、口へ持ってきて舐めます。この行為は乳首をロ にふくむ強い本能でもあるのですが、舌で物を確かめる、という思いもあるの です。そういえば動物たちのお母さんは、赤ちゃんをペロペロと舐め回します ね。あれは皮膚を整えて丈夫にする(動きもあり、内臓を揺り動かして流れをスムーズにさせる働きもしているのです。

人間のお母さんは赤ちゃんを舐めませんが、赤ちゃんの舌を共感するためにも、妊娠中は舌の感覚を研ぎ澄ます絶好のチャンスです。食物を口にした時、 味だけではなくて舌ざわりも意識して下さい。そして繊細な食感で料理の工夫 をして下さい。キュウリやトマトも切り方ひとつで美味しくもなり、不味くもなるのです。

食物だけではありません。食器にも舌ざわりが大切 です。赤ちゃんが初めて口にするスプーンやお皿など も、お母さんが舐めてみて、いい感じのものを選んで ください。ちなみに私は、ヨーグルトを食べる時には、陶器の小さなスプーンを使っています。舌ざわりがとても柔らかで、スベスベ して気持ちがいいのです。このスプーンを見つけた時は本当に嬉しかった。実 は大きな声では言えないのですが、食器を選ぶ時には、お店の人に気付かれな いように、そっと唇に当ててみます。

妊婦さんが食感を磨くと、更にいいことがあります。食べすぎを防ぐことが できるのです。御存知のように、お腹の中に赤ちゃんが宿りますと、母体はその分の栄養を要求されますから、ついつい食べ過ぎるのです。この時、食感を磨くトレーニングをするだけで、一口一口ていねいに食べますから、食事に時 間をかけることにもなり、唾液も十分に出て、少食でも満腹感が早くやってく るのです。そしてゆっくりの食事は、赤ちゃんを育てる時にも、赤ちゃんのペースにお付き合いできるようになるのです。

妊婦さんのための、心や体・生活の仕方の個人レッスンを受け付けています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP